レーシック手術で失敗しないために

これから近視手術をお考えの方は、レーシックを視野に入れてみてください。

日本で普及しなかった理由

世界中で「簡単で安全な近視手術」が日本では全く普及しませんでした。なぜだかご存じですか。

近視手術は1969年、ロシアのフィヨドロフ博士によって開発され、70年代に実用化されました。
近視が手術で治るというこの画期的な方法は、ロシアからまたたく間に欧米へ、そして世界中へ広がっていきました。

近視手術は危険というイメージはなぜ

しかし、この時点で日本では普及がなかなか進まず、その遅れは現在にまで響いています。しかも、今でも近視手術に対する理解が進んでいない原因になっているのです。

確立されていなかった

佐藤教授により、10年間で850人以上の手術をし、名実ともに結果を残していた近視手術ですが「近視手術は危険」というイメージをつくってしまったのは、佐藤教授本人だったのです。

日の目を見なかった

佐藤教授の手術を受けた患者さんの中で、何年も経ってから角膜が濁ってしまう「水泡性角膜変性症」という病気が約2割の人に発生したことにあります。

当時は、角膜の一番内側の細胞、角膜内皮細胞が角膜の新陳代謝をコントロールしたり、角膜へ酸素や栄養を補給する大切な器官であることがまだ解明されていませんでした。

そして現代へ

スタートが完全で簡単な手術として広まっていった欧米に比べ、日本では「近視手術は危険」というマイナスイメージから始まってしまったのです。
このような状況で近視手術がなかなか浸透しなかったというのは、仕方のないことだったのかもしれません。

確立されていなかった

佐藤教授により、10年間で850人以上の手術をし、名実ともに結果を残していた近視手術ですが「近視手術は危険」というイメージをつくってしまったのは、佐藤教授本人だったのです。

日の目を見なかった

佐藤教授の手術を受けた患者さんの中で、何年も経ってから角膜が濁ってしまう「水泡性角膜変性症」という病気が約2割の人に発生したことにあります。

当時は、角膜の一番内側の細胞、角膜内皮細胞が角膜の新陳代謝をコントロールしたり、角膜へ酸素や栄養を補給する大切な器官であることがまだ解明されていませんでした。

そして現代へ

スタートが完全で簡単な手術として広まっていった欧米に比べ、日本では「近視手術は危険」というマイナスイメージから始まってしまったのです。
このような状況で近視手術がなかなか浸透しなかったというのは、仕方のないことだったのかもしれません。